Research Topicks / 研究紹介

Landscape Ecology + Engineering for Sustainable Future

Forest landscape modeling and data science are my key research tools for addressing the sustainable use of ecosystem services at landscape scales (SDGs Goals 13 and 15). I am collaborating with a number of researchers in Ecology, Earth Science, Sustainability Science, Environmental System, and Environmental Policies. Please contact me if you are interested!

社会・生態システムの将来予測のための生態系プロセスモデルと、生態系モニタリングのためのデータサイエンスが私の主な研究手法です。SDGs Goal 13 Climate ActionやGoal 15 Life on Landsを中心に、生態系サービスの持続可能な利用のための生態系管理に関する研究をしています。生態学から環境政策学まで幅広い方達と連携しつつ、以下の研究開発課題に挑戦しています。共同研究のお誘いはいつでも大歓迎です。興味がある方はご連絡ください。

CH_GLP2019.png

Theme 1.

Scenario Analysis of Ecosystem Services using Forest Landscape Models

森林景観モデルを用いた生態系サービスの将来シナリオ分析

 今後日本の森林や農地など陸域生態系は、気候変動の影響を受けつつ、人口減少や再エネ導入など社会からの駆動力で植生が変化することが予想されます。そこで、Forest Landscape Modelを応用し、起こり得る将来シナリオでの植生動態・生態系サービス・野生生物の生息適性の変化をシミュレーションしています。環境・社会・経済の観点から、持続可能な生態系管理の具体化に挑戦しています。

 研究の対象地域は別寒辺牛川流域、道南地域 (北海道)、奥会津地域 (福島県)、石川県、琵琶湖・淀川流域で、私の学士過程から継続中のメインテーマです。

gc_02_j_otaka.jpg

Theme 2.

Machine Learning Assisted

Ecosystem Monitoring

生態系モニタリングへの機械学習の応用

 Theme 1.では将来にかけての人と生態系の関係に注目していました。Theme 2.では主に現在の生態系の状態を観測することに焦点を当てています。

 現在の生態系の状態を把握することは生物多様性保全のために必須ですが、人口減少で人手が減る中で、広域の森林や野生生物を調査するのはとても困難です。そこで、機械学習を用いてドローンや衛星画像から森林属性情報を取得・識別したり、音声録音データから鳥類の種を判別する技術開発を行っています。

 民間企業と分析技術の実装で技術連携しつつ、大学構内や福島県などを対象に研究開発しています。

ntl.png

Theme 3.

Connecting Ground & RS Observation for Monitoring Human Activity

人間活動のモニタリングのための地上・RS連携

 Theme 3.では社会・生態システムのうち、人間活動のモニタリングに挑戦しています。

 地上で蓄積されつつあるビッグデータと連携し、土地被覆分類・大気質モニタリング・生態系プロセスモデリングの高度な運用に挑戦しています。

 外部の研究機関と連携しつつ、日本全国を対象に研究を進めています。

©2020 by Haga Chihiro.